三つのタイプの包茎

包茎とは言ってもいくつかの種類があります。包茎に悩んでいるという人なら、まずは自分がどのタイプの包茎なのかということを把握するのがよいでしょう。
包茎の一つとしては仮性包茎があります。仮性包茎というのは、普段は亀頭が包皮によって覆われているのですが、手でむくと亀頭を完全に露出させる事ができるタイプです。仮性包茎にも程度があって、勃起すれば完全に亀頭が露出するというタイプと、勃起しても包皮に覆われたままのタイプがあります。
そして二つ目がカントン包茎と呼ばれるものです。カントン包茎とは、出口の部分が狭いために、亀頭を露出させるのに少し困難があるというタイプの包茎です。亀頭を露出させたときに圧迫感を感じれば、カントン包茎の可能性が高いといえるでしょう。
三つ目が新姓包茎で、真性包茎というのはカントン包茎よりも出口の部分がさらに狭いタイプのものを指します。勃起していない状態でも亀頭を完全に露出する事ができないものを指します。完全に露出する事ができないために、亀頭は常に圧迫されていると考えられます。これはもっとも危険な包茎だといえるでしょう。できることなら早めに手術をする事が必要ですから、すぐにクリニックへ行くべきでしょう。

Copyright© 包茎の手術は包茎専門の上野クリニックへ All Rights Reserved.